生命保険の仕事ガイド

生命保険に関わる仕事といっても、実は様々な仕事、職種、職場があります。
「生命保険の仕事ガイド」では、生命保険の仕事をしてみたいけど、どんな仕事か分からない。どんな仕事や職場が自分に向いているのかを知りたい。
そんな方のための生命保険の仕事への就職、転職支援ガイドです。

相談者さん
相談者さん
保険の仕事に興味がありますが、どんな仕事がありますか?
アドバイザー
アドバイザー
保険に関わる様々な仕事をご紹介します。

仕事内容も就業先も多種多様

「保険の仕事」と一言で言っても、実はいろいろな就業先、そして仕事の内容があります。
一般的に保険の仕事でイメージされるのは保険外交員、保険営業と呼ばれる「営業」の仕事かもしれません。
他にも、保険会社の業務自体を支えるコールセンターや事務の仕事。
また、就業先として生命保険会社や代理店だけではなく、生命保険に関わる仕事ということでは銀行、郵便局、証券会社等、保険以外の業種でも生命保険を取扱商品の一つとして提供しています。

相談者さん
相談者さん
「保険の仕事」というと『勧誘』のイメージが強くて不安です

保険の仕事はブラックか?ホワイトか?

生命保険の仕事というと、どのようなイメージを持っているでしょうか。
こんなイメージはありませんか?

  • 営業ノルマが厳しい
  • 人間関係に苦労する
  • サービス残業でお客様周り
  • 土日祝日も休めない
  • 家族・親戚・知人を勧誘しないといけない
  • 基本給が安い

これだけを見ると「ブラック」な仕事と思われるのも無理はありません。
実際、保険会社や保険の仕事の内容によっては、このような傾向があることは否めないでしょう。
しかし、実際には働き方が大きく改善、改革されている会社も多く、働きやすい環境が整いつつあります。
また、保険の仕事には収入面で大きな魅力があります。

営業・販売職は成果給が見込める

就業先の会社での評価基準や評価方法によって大きく異なるのが、保険の営業職・販売職での「成果報酬」です。
基本給を低く抑えて、成果に応じた給与を支払うスタイルの会社もあれば、基本給をある程度の額にすることで安定的に仕事を継続してもらいたい。という会社もあります。
大きく稼ぐ可能性があるのは前者の会社ではありますが、どちらの会社のスタイルが向いているのかは人それぞれです。

生命保険の仕事
適した保険の仕事を探す

生命保険業界は人材不足

求人情報サイトや転職サイトの求人情報で「保険」を検索すれば、保険の仕事はたくさん出てくることでしょう。
実際に私の知り合いの代理店社長さんたちは皆、口をそろえて「人が足りない」と嘆いています。
生命保険業界に限らず、日本全体が人材不足なのかもしれませんが、生命保険の業界はその傾向が顕著に出始めているようです。

学びと経験値の高い仕事

生命保険の仕事の特長の一つは社会への貢献です。
「生命保険」という商品そのものに対するイメージは人それぞれにあるかもしれませんが、大切な家族が亡くなったり、がん等の大きな病気で入院や手術をして経済的に困った時にサポートしてくれるのが保険です。
また、生命保険は「金融商品」という位置づけですので、会社によっては「FP(ファイナンシャルプランナー)の資格」取得を推奨したり、支援してくれる会社もあります。
生命保険という金融商品と仕事を通じて日常的に学び、そしてお客様との接触により多くの人たちの人生に触れることで学べることは多くあります。

自分に適した働き方を見つける

生命保険の仕事と言っても多種多様です。
大きく稼ぐ可能性を持っているのは「営業・販売」という仕事ですが、その他にも地道でありながらもコツコツと稼ぐことができる事務やコールセンターでの仕事。
様々な仕事と就業先があるのが保険業界です。
そんなたくさんの選択肢の中から、ご自身に適した保険の仕事を見つけられるお手伝いをこのホームページを通じてお伝えできれば嬉しく思います。

相談者さん
相談者さん
自分に合った保険の仕事が見つかると嬉しいですね