FXの仕組み

FXで儲けるってどういうことなのか?解説します

FXは何となく儲かりそう。
FXで儲かっているという話を聞いたことがある。
FXでお金が増えていくって本当なの?

FXに対する「儲かる」というイメージはあるものの、
では、実際にどうしたら儲かるのか?
どういう状態で儲けることができるのか?

今回は初心の方、これからFXを始めるという方向けにFX取引を利用して儲かる仕組みをわかりやすく解説します。

ちなみに、儲け方に関する記事ではありませんのでご注意ください。

まずはポジション建て

FX会社に口座を作り、一定額のお金を入金したら

まずは自分が予想する通貨ペアに対して取引を開始します。
これを「ポジション建て」と言います。(用語は重要ではないです)

FXだけではありませんが、投資ではポジションを建て、そのポジションを反対売買で決済することによって、最終的な損益を確定させるのが基本的に利益や損失が生み出される仕組みとなっています。

例えば、

今後、米ドル/円のは上昇しそうだと予想した場合。
(米ドル高・円安になるという予想)

1米ドル=100円で米ドル/円を買った(米ドル買い・円売り)とします。
これが、100円で米ドル/円の買いポジションを持った状態ということになります。
この買いポジションは、最終的にどこかの時点で売り決済をすることになります。
決済をして取引を完結させ流ことによって、損益が確定されるという流れになります。

FXはこの逆もあります。
「売り」で入って「買い」で決済するということです。
この場合は先ほどの米ドル/円であれば「下降しそうだ」(米ドル安・円高)という予想になります。

買った後に上昇して決済で利益

先ほどの事例と同じで
1米ドル=100円で米ドル/円を買った(米ドル買い・円売り)とします。
100円で米ドル/円の買いポジションを持った状態です。

予想通りに米ドル/円が「円安」となって上昇した場合。

上昇したある時点で決済をすれば「利益」を生み出すことになります。

この「10円」という幅は、「10円」だけを聞くと小さいように思いますが最終的な損益は取引量によって変わります。

FXでは1回の取引で建てるポジションの量は、
1000通貨や1万通貨という単位で表現します。
1000通貨で取引していたのであれば1万円の利益
1万通貨で取引をしていたのであれば10万円の利益

ということになります。
10円の上昇で「10万円?」と思うかもしれませんが、それがFX取引の特徴でもあります。

買った後に下落して決済すれば損失

損失が出る場合も知っておきましょう。
先ほどの事例と逆に相場が動いた場合です。

先ほどの事例と同じで
1米ドル=100円で米ドル/円を買った(米ドル買い・円売り)とします。
100円で米ドル/円の買いポジションを持った状態です。

予想とは反して米ドル/円が「円高」となって下落した場合。

100円で買って90円で売流という決済をした場合です。
1米ドルあたり10円の損失が確定します。
1000通貨で取引をしていたのであれば1万円の損失。
1万通貨で取引をしていたのであれば10万円の損失。

ということになります。
FXで損失が出る意味というのもしっかりと知っておくことが重要です。

基本的な仕組みを知って口座開設

FXの基本的な仕組みをしっかりと知った上でFX取引を始めることをオススメします。

初心者の方が書籍で学ぶのであれば、基本をわかりやすく解説しているのが下記の書籍です。

一番売れてる月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門 改訂版 (日本語) 単行本(ソフトカバー)

始まる前に「ルール」を知ることは非常に重要です。

「よく分からない」ままに始めてしまうと「よく分からないままに損失が膨らんでいる」ということはよくあります。

まずは基本的なルールを抑えるという点では上記の本はオススメです。
FX口座を開いたら、取引が始まるまでの事前準備として読み進めておくのが良いでしょう。

まずは口座開設でFXの感覚を掴む

ルールを知ることは大事ですが、書籍やネットの情報をとにかく仕入れて情報に強くなったとしても

実戦で感覚を掴んでみる。というのが非常に重要です。
書籍やネットに書かれているのは「過去」の情報です。
今から未来に向かってはご自身で状況を作り出していくしかありません。

そのためには、小さな金額でリスクを最小限に抑えて「実践で感覚を掴む」ということが何よりも重要です。